わるつのwarz

音楽や漫画など自分の好きなモノを語ります。

2017年4月1日タワーレコード新宿店sora tob sakana「cocoon ep」リリースイベントの感想

僕自身、初めてのオサカナ現場であり一生忘れられないリリイベになりました。

 

sora tob sakana 最高!!!!

 

僕の感想は長くなるので当日のオサカナちゃんのブログとツイートを御覧ください。

ameblo.jp

 

ameblo.jp

ameblo.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして当日の僕のツイート。

 

 

さて、ここからはインストアライブの感想というか雑談です。

僕自身、現地でライブを見るのがすごく久しぶりで最後に見たのは15年前くらいです。

(ちなみに声優の笠原弘子さんのライブです。)

そんな僕がオサカナちゃんを初めて現場で見る事を決意したのは全編バンドセットの

4.30恵比寿リキッドルーム公演が決定したからです。

当初僕が初めてオサカナちゃんを見るのはこのリキッドルームになる予定でしたが

cocoon epのリリイベが決まり色々と僕の周辺の問題も落ち着いたのでリリイベに参加しました。

まぁ、リリイベに参加した最大の理由はリキッドルームが初めてになると涙で何も

見えなくなってしまいそうだったからです。

号泣してライブや特典会どころではなくなってしまうのは

それこそ一生後悔するだろうと思って少しでもライブに慣れるために参加しました。

この日は4月1日。cocoon epは4月11日発売なのでCD予約のリリイベです。

予約受付開始時間に合わせてタワレコ新宿店に行きcocoon epを2枚予約。

リリイベではcocoon ep1枚で特典券2枚なので特典券4枚と

インストアライブの入場整理券を受け取りました。

入場整理番号は4番。

 

は?

 

僕は身長が低い方なのでどの位置からならステージが見えやすいか

入念に下見をしてライブに備えていました。

再度確認してみても入場整理番号4番。

 

震えました、、、

 

どうしよう、この入場整理番号はランダムとはいえ

初オサカナ現場なのに最前確定だよ。

オサカナちゃんを眺めながら音楽に浸っていたいよ系なのに

ノリが悪い新規が来たと思われたらどうしよう、、、。

若干頭痛がしてきました。

その後緊張のせいかトイレに2回ほど行きました。 

気持ちを落ち着かせるために店内をウロウロしていたら

私服姿のオサカナちゃんが到着しました。

僕が初めて肉眼で見るオサカナちゃん。

 

「オサカナちゃんは本当にいたんだ、、、」

 

ご存知あのアニメ映画の有名な台詞のパクリですが、本当にそんな気持ちでした。

2016年4月にsora tob sakanaの存在を知ってからずっと夢のように思っていたオサカナちゃんがすぐそこに存在しているのですから高揚感はヤバかったです。

実物のオサカナちゃんの第一印象は「僕が知っているイメージ通り」でした。

ライブ動画やSHOWROOMなどで見た印象通りですね。

若干、意外だったのは寺口夏花さんことなつかにちゃんの身長が思っていたより低くなかった事と

風間玲マライカさんことれいちゃんの顔が本当に小さかった事くらいです。

神﨑風花さんことふぅちゃんはスタッフさんに挨拶する時も素敵な笑顔ですし

山崎愛さんことまなちゃんは楽屋での笑い声が一瞬店内に漏れ聴こえてくるくらい、いつものまなちゃんでした。

 

インストアライブ開始までの待ち時間に僕がオサカナちゃん以外に注目した人物がいます。

オサカナパーカーを着たスタッフさんこと、ご存知マネージャーさんです。

オサカナちゃんが楽屋で準備している最中も色々と動き回っていました。

僕は「sora tob sakanaで誰推しなの?」という質問をされたら迷わずこう答えると思います。

 

 

「金髪の子です。」

 

 

さて優先エリア入場の整列が始まり何も分からない僕は周辺にいたオサカナヲタの方に

教えていただき無事に列に並び入場しました。

(初現場の僕にとっては入場よりもまずは列にちゃんと並ぶ事の方が重要でした)

僕の目の前には柵がありステージまでの視界を遮るものは何もなく隠れようがありませんでした。

僕は隣の方々の動きに注目しながら荷物の置き方などを真似してライブの開始に備えました。

そしてリハーサルのためにオサカナちゃんが登場します。

全員が新衣装。ふぅちゃんだけはオサカナパーカーを羽織っていたと思います。

リハなのにファンの前でリハーサルをするというのが僕には初体験だったので

リリイベってお得だなって思いました。

そういえばリハの入場時にステージの床でなつかにちゃんが滑って転びそうになり

ビックリしたのですが、その姿がコミカル過ぎたお陰で僕の緊張がかなり解けました。

アニメでよくある滑った時に足が何本もバタバタ動いて転ぶのをこらえる動きそのままでした。

その後しばらくステージ上でスケートを始めるオサカナちゃん。

ステージコンディションのチェックは万全ですね。

リハが終了して一旦ステージを降りるオサカナちゃん。

リハの開始時、終了時の挨拶が学生らしくて本当に微笑ましかったです。

 

インストアライブ開始

入場SEの"海に纏わる言葉"が流れオサカナちゃんが神々しく入場してきます。

ここで僕は失神しそうになりました。

すでに上で紹介したブログやツイッターにある通り、

オサカナちゃんは"夏の扉"の白い斜めスカートの衣装で登場したのです。

僕がこの日までにオサカナちゃんのライブに行かなくて後悔した事の1つが

この斜めスカートの衣装を実際に見る事なく新衣装に変わった事でした。

今後この斜めスカートの衣装を披露する機会は極限られると思っていたので

この日に見れたのは幸運でまさに天にも登るような気持ちでした。

個人的に斜めスカートの衣装はアイドル衣装の歴史に残る傑作だと思います。

 

そんな絶頂気分の中でインストアライブスタートです。

 

先程まで至って大人しかった周辺の方々が一気に盛り上がります。

その勢いは僕の予想をかなり上回っていました。

目の前にいるオサカナちゃんのパフォーマンスと地鳴りのような声援が

僕を若かりしあの日の僕へと導いてくれました。

僕は可能な限り姿勢を低くしてオサカナの音楽に身体を委ねました。

(多分、LUNA SEAの真冬の野外をアリーナで見た時くらいノッてました。)

この時の僕の記憶は只々楽しいでした。

なつかにちゃん流に言うなら「やゔぁい!だのじぃ~!!」です。

ちなみに僕は基本的に声を出さずに口パクで一緒に歌う派です。

きっとライブ中の僕はふぅちゃんに負けないくらいずっと笑顔だったと思います。

良いライブの原動力は笑顔だと僕は信じてます。

”夜空を全部”

”魔法の言葉”

夏の扉

1stアルバム「sora tob sakana」から3曲を披露するとオサカナちゃんは一旦下がりました。

 

ステージに誰もいない中で"夢の盗賊"のインスト版が流れます。

 

おそらく一般の方がこの音源を聴く機会は滅多にないと思われるので

「この音源欲しい」と心の叫びを少し漏らしながら必死に聴いてました。

"夢の盗賊"インストでもやっぱり良い曲です。

 

さて、インストアライブ後半は「cocoon ep」の新衣装で再登場。

斜めスカートの衣装にも細かい刺繍などが入っていて綺麗でしたが

新衣装は更に洗練されていてとっても素敵でした。

 

"タイムマシンにさよなら"

普段ならオサカナちゃん達は横一列の陣形ですがステージが狭いため

真横ではなく斜めに互い違いになるような陣形でダンスをしていました。

ハートとハイタッチの部分がとても大変そうでした。

 

”夢の盗賊”

僕がこの日2度目の昇天をしたのがこの"夢の盗賊"です。

ふぅちゃんとれいちゃんが手を繋ぐシーンでした。

思えばsound cloud(サンクラ)で"夢の盗賊"のフルは聴いてましたが

ダンス付きでフルの"夢の盗賊"はこの時が初めてでした。

目も合わせずに何かに導かれるように手と手を繋ぐふぅちゃんとれいちゃんの姿に

僕も吸い込まれて本当に天国に昇っていく気分でした。

 

そしてラストは”夜間飛行”

僕の中では泣いてしまう曲ベストテンで殿堂入りです。

NPP2017とその翌日のアイドル甲子園での"夜間飛行"は何度見ても泣けます。

そんな号泣を覚悟で聴いていた”夜間飛行”でしたが

最前でオサカナちゃんを見させてもらっているのに泣いている場合じゃない!

というよりも只々楽しくて楽しくて楽しかったです。

唯一覚えているのがソロダンスパートでれいちゃんとなつかにちゃんが何やら会話をしていたシーンと

終盤でふぅちゃんれいちゃんがじゃれ合うシーン(歌詞「新しい歌にして」の部分)で

ふぅちゃんがれいちゃんに腹パン(寸止め)をしたように見えた事です。

 

最後に告知などMCをしてライブは終了。

れいちゃんが述べたタワーレコードさんへの感謝の言葉がとても誇らしかったです。

僕はsora tob sakanaのファンになれて良かったと思いました。

 

そして特典会に移ります。

僕にとっては初めての特典会です。

握手会の参加は上に挙げた笠原弘子さんで1回だけありましたが

最近のアイドル界隈の特典会というモノは初体験だったのですごく緊張しました。

僕の所持する特典券は4枚。

全員握手で1枚、全員チェキで3枚を使うと僕は決めていました。

まずは全員握手からです。

結論から言うと僕はすごく反省しました。

全握の時間の短さ、声の聞き取り難さ、話す内容の選別。

全てにおいて僕の準備不足でした。

オサカナちゃん達はしっかりと握手してくれました。

そのドキドキのせいか上手くハッキリと喋れない。

ライブの直後なので水分補給をしなかった僕は声がガラガラ。

初めての特典会、せめて何か気の利いた会話をしようと思い

ふぅちゃんがライブ中、ステージが狭くて壁にマイクをぶつけ、

手を気にする姿を目撃した事を思い出しました。

でも、その後ふぅちゃんは何事もなくパフォーマンスに集中していたのに

僕は「手は大丈夫?」と分かりにくい聞き方してしまい、上手く会話が成立せず

時間切れですごく申し訳なさそうに見送られてしまいました。

その後、まなちゃん、なつかにちゃん、れいちゃんにも頭が真っ白になり、

上手く話す事が出来ずオサカナちゃん達に気を使わせてしまいました。

 

反省ばかりが残る初の全握でしたが嬉しい事もありました。

僕が上手く喋れない代わりにオサカナちゃんが僕の印象を答えてくれました。

「最前にいたひとだ~ノリノリだったね」

正直、客観的に見て僕のノリが30だとしたら最前列にいた他の方々のノリは100とかそのくらい差があると思います。

でも僕の気持ちのノリは100を軽く超えていたのでそこが伝わったのかな?って思うとすごく嬉しかったです。

などと後悔と嬉しさに打ちひしがれていたらいつの間にか全チェキが終了し

2ショットチェキが始まっていました。

僕は悩みました。

手元に残った特典券は3枚、2チェキは特典券2枚なので1枚余ってしまいます。

とりあえず今後の参考にしようと2チェキの進行を勉強しながらオサカナちゃんを眺めてました。

色々考えた結果、2チェキに並ぶ勇気は僕にはありませんでした。

誰かに特典券を譲ってしまおうか、でも知り合いもいないし。

ま、これも勉強だと思って諦めようと思っていたら全チェキを撮れなかった方への救済処置がありました。僕と同じようにいつの間にか全チェキが終わっていて並べなかった方が運営スタッフに申し出てくれたのでいやしくも僕はその方に便乗させてもらいました。

 

 

その節は本当にありがとうございました。

 

 

ここで僕は初めてオサカナヲタの方とまともに会話しました。

皆さん目がキラキラしてました。

僕の目もキラキラしていたらいいな。

 

全チェキを撮る時に改めてオサカナのライブが初めてだった事を伝えました。

とにかくシンプルに。それだけを意識してましたのでポーズもシンプルです。 

全チェキの写真は上の方に僕のツイートを載せてます。

顔は隠してますが写真に撮られる事が苦手な僕が信じられないくらいの笑顔でした。

チェキにサインを貰う時に僕が喋った言葉は「最高に楽しかった!!」

ほぼ、これだけだったと思います。

とにかくこれだけはちゃんと伝えなくちゃいけないと思いました。

ライブ終了時のMCでれいちゃんがお世話になっているタワレコ新宿店さんに感謝の言葉を述べたように僕もsora tob sakanに感謝を伝えたかった。

 ちなみにチェキに僕の名前を書いてくれたなつかにちゃんが可愛い名前だねって言ってくれました。

僕はいい年したオッサンなので若干恥ずかしいのですが長年付き合っていて愛着のあるハンドルネームなのでこの先何歳になってもこの名前で痛いと思います。

 

僕の初めてのオサカナ現場となったタワーレコード新宿店さん、一生忘れないです。

運営スタッフの皆さん、大変な仕事だと思いますがそれぞれの立場や気持ちをちゃんと考えてくれていると思います。有り難い限りです。

オサカナのヲタの皆さん、僕は新参者ですが宜しくお願いします。

 

一期一会を大切に。

 

 かなり時期が遅くなってしまいましたが

これでオサカナちゃんタワレコ新宿店リリイベの感想を終わります。

次の記事もタワレコ新宿店リリイベcocoon ep発売日編の予定ですw

リキッドルームワンマンまでには書き上げたいと思います。

最後まで読んでいただき有難うございました。

 

わるつ